Category
漁業について
Category

日本の食卓のを一緒に守りませんか

を食べることが好きという方、三重県で漁業に挑戦し、自らの手で獲ったを味わいませんか。お寿司屋さんや、定食屋でいただく刺身ももちろん美味しいですが、自分で漁獲した新鮮なの味は格別です。漁業は簡単な仕事ではありませんが、その分、経験を積めば猛スピードで成長することができます。大自然の中で手に職を付け、一緒にやりがいのある仕事をしましょう。

日本のを食べる文化は昔から色濃く根付いており、漁業の需要は変わらず高いです。三重県の港から臨む広大な海で、カツオやマグロなどの漁業を一緒に行いませんか。漁に出る時期は3月~11月で、伊豆諸島、三陸沖などを移動しながら漁獲を行います。マグロの種類はビンチョウマグロの他、季節によってはメバチマグロやキハダマグロを獲ることもできます。頭と体を使いますが、狙った通りにが網にかかった瞬間は、何度経験しても感動します。嬉しいことに、仕事の後、自分で獲ったをいただけることもあります。どこの高級店でいただくよりも鮮度の高い、それも自分自身で釣り上げたは、食べたことのない極上の味がします。また、市場に出した後、お客様から高い評価をいただけ、思っても見なかった価格がついたときも、漁の仕事をしていて良かったと心から思える瞬間です。日本人が愛してやまないの食を共に支え、盛り上げてくれる仲間をお待ちしています。

RELATED

関連記事